CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
CERRONE FEAT. JOCELYN BROWN / HOOKED ON YOU (JAMIE LEWIS CLUB MIX)
ustreamすげえなと思ってたら、あの宇川直宏がdommuneなんていうすごいのをスタートさせた。毎日21〜24時にDJミックス配信ってマジかよ。しかも、第一回のmoodmanから始まり、超豪華メンバー。とりあえず、3/11の瀧見さんの日の企画がすごく気になる。しかし、今までは、ポッドキャストとかって全然興味なかったんんだけど、ustは比較的よく見聞きするのは何でだろう。やっぱ、リアルタイム感が重要なのかしら。

RETROSPECTIVE 3003 #5
フレンチディスコのオリジネーターであるcerroneの曲のリミックスです。キャリア的には70年代中盤から、実は割とずーっと活躍している人ではあるのですが、もう、10年ほど前でしょうか。活動25周年を記念して、bob sinclarがコンパイルしたミックスCDが出まして、ちょうど当時のフレンチハウスブームにのっかる形で再評価されて、若いハウスリスナーの目にも触れるようになったという経緯があります。
で、この曲は、まあ、そのコンピとは直接関係はないものの、当時いくつか出たリミックス盤の一つで、リリースは、ガラージハウス的なディスコものに関しては定評のあるスイスのpurple musicから。
原曲は1980年にリリースされたcerrone VIIというアルバムのオープニングトラック。jocelyn brownが、パワフルに歌い上げるユーロディスコど真ん中なそもそもが無茶苦茶かっこいい曲。フレンチディスコって、音の鳴り方というか構成の仕方というか、そういう全体をまとう空気感が、同時代のアメリカのど真ん中ディスコサウンドとは違いますね。なんか、今聴いても洗練されてるように思う。まあ、このあたりの音は確実に後のフレンチハウスにつながってるでしょうしね。
リミックスもディスコハウスでは、鉄板リミキサーといえるだろうjamie lewis。まあ、この組み合わせでいまいちな音になるのが難しく、原曲のボーカルを実に気持ちよく使ったすばらしい、ディスコハウスへのリミックス。
とにかくこの曲のキモはサビのコーラスパートで、ここにのっかるエレピの音とともに、どこまでかっこよくそして、気持ちよく踊らせる音にできるかってことだったりするが、その点では、この曲は完璧。っつうか、むしろ、この部分だけでよいよなあって人には、この部分をもろにサンプリングしたillegal beatsというjalapeno傘下のレーベルから出ているmonkey boie rascal(kid cremeの変名なんですね)のeverybodyという曲(のdub)が本当にそういう曲なので、それを探してみるとよいかも。

CERRONE FEAT. JOCELYN BROWN / HOOKED ON YOU (JAMIE LEWIS CLUB MIX)


JUGEMテーマ:音楽
| RETROSPECTIVE 3003 | 01:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
GRANDMASTER FLASH PRESENTS SALSOUL JAM 2000 / RUNAWAY
日曜日が暖かくなるつもりで、外に出たら寒かったので、やけに体力を消耗しました。本当にこの季節は難しい。

RETROSPECTIVE 3003 #4

今回から、ちょっと違う路線。実は、この企画はいくつかテーマを設定しているのです。で、今日からは2つめのテーマ。

これは、ヒップホップのオリジネーターの一人、grandmaster flashがsalsoul音源のノンストップミックスをてがけたという企画モノミックスCDからの音源。といっても、grandmaster flashですので、単につなぐわけもなく、客のコール&レスポンスや煽りのMCや、スクラッチやら入って、元々サルソウルが持ってる享楽的なパワーを濃縮させまくった楽しい音になってます。
で、たまたまなのか、あえてなのかよくわからないけど、ミックスCDをプロモ用にアナログカットするという暴挙に出ており、これがまた、主にヒップホップDJの間で大ヒット。まあ、muroがミックステープに収録したなんてのも理由ではあったりするんだけど。で、周辺領域であるフリーソウル界隈でも売れまくりの、かかりまくりのしてたらしい。リリース時期は1997年らしいから、ちょうど国内でも電気のshangri-la経由で、サルソウル再評価、(ついでに言えば、nu yorican soulもあったか)の時期だったわけですな。
で、まあ、こういうバージョンのお約束で、人気曲はsalsoul orchestraのrunawayか、silvettiのspring rainなんですが、個人的にはrunawayの方がすき。最初のスクラッチからかっこいいじゃないですか。それでちょっとオールドスクールな雰囲気はありつつも、グルービィな煽りがいい感じで、ギターのカッティングに入る直前の"1, 2, 3, here we go!"ってカウントダウンもむちゃくちゃいい。で、もちろん曲そのものはお墨付き。これがかかって盛り上がらないフロアなんてのもないですわな。っつうことで、好きな曲です。

GRANDMASTER FLASH PRESENTS SALSOUL JAM 2000 / RUNAWAY
| RETROSPECTIVE 3003 | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
DIPLES D / SUCKER DJ
オリンピックが始まるのに、全然盛り上がる感じがしないなあと思ってて、どうしてだろうと考えて、はたと思い至ったのが、聖火ランナーが全然話題にならないからということ。
そういや、日本に来たっけ?と思い、調べてみたら、いつの間にか聖火リレーは開催国の中だけということになってた。どうやら、北京の混乱が原因らしい。あれは北京だったからだと思うんだがねえ。

RETROSPECTIVE 3003 #3

ここらでヒップホップはいったん打ち止め。基本的に亜流なのが好きなのは自覚してたけど、最初の三枚があまりにも地味すぎて自分でも笑ってしまった。
っつうことで、今回はdimples dの一発ヒット曲 sucker dj。もちろん、好きなのはgenie mixです。実はこの曲、有名なこのバージョンは、なんともリリースから7年たって作られたリミックスで、元々のやつはえらくシンプルなブレイクビーツとスクラッチだけの曲なんだよね。そっちはそっちでmarley marlの出世作の一つらしいんだけど、あまりにもコアすぎる作りで、音楽的にお子様舌な自分にはちょっとつらい(笑)
このgenie mixの魅力はいわずとしれた大ネタ使いなサンプリング。かわいい魔女ジニーのテーマソングをサンプリングしたトラックはゆるい4つ打ちで、様々なボイスサンプリングやスクラッチなどと相まって、あまりにもキュートすぎる。とりわけ、ブレイクのところでまるで図ったように入る"pump!  pump! pump!  pump! pump me up!"というおきまりのサンプリングがあまりにも最高。imples dのラップもキャッチーで大好きだし、まあ、とにかくこんな愛らしいヒップホップも珍しいと思う。
このジニーネタってのは、doopeesでも使われたし、jungle brothersがv.i.p.でも使って大ヒットさせた。ちょうど、jungle brothersのヒットにあわせて、この曲もクラブでかかる機会が増えていたように思う。さらに言えば、オールミックス系のイベントでは、dimples dの方がむしろ聴く機会が多かった。そういや、v.i.p.につづけてこっちをかけるなんてのもたまにみかけたな。
なんとなく、今聴くと、dimples dの方が今もかけられるトラックだなあと思うのは、まだv.i.p.の音が一回りしてないせいだろうか。

DIPLES D / SUCKER DJ


JUGEMテーマ:音楽
 
| RETROSPECTIVE 3003 | 03:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
BOOGALOO / YOU GOTTA HAVE FREEDOM (INSTRUMENTAL)
最近は、本をブックオフで購入する機会が多いこともあって、通勤読書用にブックカバーを買ってみたら、意外とフィット感がよくお気に入りになりました。最初、文庫用だけ買ったんだけど、立て続けに新書用、単行本用まで購入。まあ、ブックカバーと言っても帆布製の安いやつなんで、7,800円くらいのものなので、コストパフォーマンスも良くて、本を読みたい気分が上がります。

RETROSPECTIVE 3003
 #2

前回がlonnie liston smithネタだったからというわけではないのですが、今回はpharoah sandersネタ。lonnieはpharoahとセッション経験があるらしいですね。
僕が好きなヒップホップと言われたとき、最初に頭になる曲はこの曲かもしれない。といっても、この曲の場合、ラップパートはそれほど好きなわけではなく、バックトラックが圧倒的にすき。なので、ここでは、instrumentalを紹介。
pharoahの曲でもファンの多い、you got to have freedomのバックトラックをより洗練された形でネタ使いしたスウェーデンのジャズヒップホップユニットのトラック。
このboogalooというユニット、アルバム1枚を残したのみで解散しているのだが、正直、詳細が全然わからない。リリース時期的には95〜96年頃らしいので、いわゆるアシッドジャズからクラブジャズの境目的な時期だったと思われるのだが、あまりにも情報なさ過ぎ。
僕がこの曲をしったのは、たまたま立ち寄った下北沢のjetset recordsで、入った瞬間に爆音でこのg.a.m.m.盤がかかっていたため。だいたい2003年ごろの話。瞬間的にうわっ、なんだこれと思い、かっきりとした輪郭を持つピアノリフと女性のコーラスにいっきにやられて、その場で、レコードを手にとって、試聴して30秒後にはレジでお会計していたという経緯。当時はg.a.m.m.というレーベルも知らず、これがなんらかのマッシュアップなのか、それともこういう曲なのか、オリジナルリリースなのか、リイシューなのか、全然わからなかった。
後々知ったのだが、96年のオリジナルリリース当時もアシッドジャズ界隈ではそこそこ話題になっていたらしいのだけど、たぶん、今、この曲を好きだと言ってる人の大半は、この2003年のg.a.m.m.からのリイシュー盤で知ったのだと思う。
それくらい、これは周りはみんな買っていたし、当時、新譜を扱ってる店ではどこでも売っていた。直後くらいには、ブートのリイシューなのか、それともデッドストックなのか、アルバムのプロモLPなんてのが売ってたこともあった。
何度聞いても、やっぱりこの曲のあたまのピアノにはやられてしまう。そして、ドラムと一緒に入るスキャットはすばらしすぎる。どうやら、サンプリングではなく弾き直しみたいで、元のpharoahのバージョンを聴いたときには、その熱さにびっくりしたくらい、ここでは圧倒的になめらかに涼やかに響く。
ちなみに、今はこの曲はレーベルコンピ で聴くことができる。


BOOGALOO / YOU GOTTA HAVE FREEDOM (INSTRUMENTAL)


| RETROSPECTIVE 3003 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
STETSASONIC / TALKIN' ALL THAT JAZZ (DIM’S RESPECT FOR THE OLD SCHOOL)
そういや、ここで告知してなかったけどTwitter始めました。アカウント名は同じmats3003ですので、気軽にフォローしてください。以前から使ってたはてなのブクマを同期して、後、このブログの更新情報も同期してます。自分でもちょこっとつぶやいてます。
とはいえ、最近、Twitter始めたら、mixiで日記書かなくなったとか、ブログ書かなくなったとか言う人もけっこうみかけますが、それってなんかおかしいよね。だって、明らかに使い道が違うモノだもの。ブログ書かなくなったって人は、きっとその人のブログの使い方が間違ってたような気がする。

RETROSPECTIVE 3003 #1
さて、新しい企画を始めます。カテゴリ名はRETROSPECTIVE 3003。自分が今までに聞いてきた音楽の中で、自分が好きな音楽、影響を受けた音楽というのをこれから100曲選びたいと思います。まあ、俺classicsみたいな気分です。たぶん、相当偏った内容ではあるかと。今までの記事と違うのは、ディスク紹介ではなく、トラック紹介という点。まあ、音楽が配信中心の環境になった故の変化ですわ(笑) 後、もう一つ、違いを挙げれば、過去に登場したトラックもかなり積極的に取り上げます。

で、この企画を考えるにあたり、最初に思いついたのがこの曲。
stetsasonicの圧倒的名曲talkin' all that jazzのdimitri from parisによるさらに奇跡を巻き起こした恐るべきリミックス。
僕は、この曲が「ヒップホップのハウスリミックス」としての最高傑作に間違いないと信じている。
lonnie liston smithのexpansionsのフレーズをそのまま丸ごと使いつつ、やや遅めの4つ打ちのグルーヴで、ぐいぐいと展開していく、奇跡のヒップハウス。
dimitri from parisのサウンドプロダクションの特徴である、オーガニックでありながら、ハウスグルーヴにあふれたバックトラックに、スムースに入ってくるラップ、まさにタイトルどおりにいや、原曲以上にtalkin' all that jazzなトラック。
このリミックスは10分にもおよぶロングトラックなんだけど、この長さのすべてに意味があって、これは絶対にロングミックスの中で聞くべきだし、そして、どこからでも使えるという脅威の曲でもある。
この曲の真価は、大音量で聞いたときに発揮される巨大なスピーカーから流れる極太なベースライン、これだけでその一夜の成功は保障される。それくらい完璧なトラック。
僕がこの曲をフロアで聞いた中で特に印象に残ってるのは、greens keepersが来日したときに、シカゴハウスの流れの中で、かけてたとき。ほぼ、フルトラックかけてたと思うんだけど、楽しすぎて、ああ、まだ聞きたりねーって思わされたのを今でも覚えている。
そして、恐るべきはこれがドラムもベースもキーボードも、すべて(expansionsのフレーズもあくまでサンプリングじゃなくて、弾き直し!)が、生音で再構築されたトラックであるということ。つまりはhip hop bandであるstetsasonicに対する徹底的なリスペクトなのだ。
ちなみに言えば途中入る「stop! check out, my man」というフレーズは、ブギーバックでアニが引用している。っつうか、決めぜりふのように入るtalkin' all that jazzにしびれないのは人として、間違ってるって言い切りたいくらい、かっこいい。

STETSASONIC / TALKIN' ALL THAT JAZZ (DIM’S RESPECT  FOR THE OLD SCHOOL)



JUGEMテーマ:音楽
 
| RETROSPECTIVE 3003 | 01:49 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |