CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< THE SPACE COWBOY / UNTITLED (JUST PUT YOUR HAND IN MINE) | main | SCANTY / SOUTHERN THING >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
V.A. (MIXED BY FATBOY SLIM) / LIVE ON BRIGHTON BEACH
土曜日はescalatorに行った後、表参道に3月4日にオープンしたmarimekkoのショップを覗きました。やばすぎ。大興奮ですよ。ほしいものいっぱいですよ。バッグとかもかなりほしいです。考えてみたらmarimekkoもフィンランドなわけでして、うすーく、北欧な気分の土曜日だったわけです。

southern fried records(ほぼ)オールカタログレビュー
ECB26CD リリースは2002年2月
いよいよ、大ヒットしたfatboy slim大先生のミックスCD、live on brighton beachのご登場です。2001年7月7日にfatboy slim大先生の地元ブライトンの海岸で3万人を集めて行われた一大パーティのライブミックスですね。まあ、言うまでも無いか。
この辺から、fatboy slim大先生の認識って、とにかく人を集められるDJって感じがでてきたようにも思います。まあ、実際その通りなんですけどね。でも、大ヒットした2ndのリリース直後くらいのパーティを僕はたまたまロンドンに旅行に行ったときに見たんだけど、わりと普通に入れて、普通に握手できたんだよなあ。まあ、いまやそんなのは絶対に無理なわけで。
正直、この頃って、自分としてはfatboy slim大先生に対する忠誠心はわりかし薄い頃で、このCDに関してもまーったく思い入れがないんですよ。っつうか、通して聞いたことって、1回くらいしかない。
というのは、#1のborn slippyとright here right nowを混ぜたトラックがどうも好きになれなかったからなんですよね。なんかこういうミックスCDって、とっかかりにつまずくと乗りにくいんだよなあ。
今、でも改めて聞くと確かにヒットしたのってわかるわ。だって、すんげえ一直線のDJミックスなんだもん。とにかくわかりやすい。いや、曲はけっこう地味なトラックも多いんだけどね。もう、とにかく人を力ずくでも踊らせてしまうような怒涛の選曲。
でも、はっきり言って、このミックスって、今とあまり変わりません。fatboy slim大先生の恐ろしい所は、その時々のトラックを使いつつも、やってることはもうずーっと変わってないってこと。だからこの流れの中で、rockerfeller skankがかかっても、きっとみんな納得してしまうという恐ろしさ。ふつう、DJって、常に自分のスタイルが変わっていく人がほとんどだと思うから、こういう人って貴重です。
まあ、とにかくfatboy slim大先生の根幹にあるのは快楽至上主義ってことだと思いますし、それを常にDJの時には100%発揮し続けているってことなんでしょうな。
でもって、めでたくこのCDが大ヒットしたおかげで、southern friedは一気にリリースが活発になったってのは、確実にあります。今までリリース量で幻と言われていたレーベルなのに、ここからわずか3年ほどで60タイトル以上リリースするわけですからねえ。

V.A. (MIXED BY FATBOY SLIM) / LIVE ON BRIGHTON BEACH
| southern fried | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:08 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/192
トラックバック