CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 2007年総括 その3 7"編 | main | MASANORI IKEDA / CITY LIGHTS >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2007年総括 その4 CD編
その1 12"編
その2 ホワイト盤、ブート盤編
その3 7"編
その4 CD編

CDリリースといえば、2007年はjusticeの†、simian mobile discoのattack, decay, sustain, release、digitalismのidealismといういわばニューエレクトロ御三家が揃い踏みだったわけです。なんか、そんなのずいぶん前な感じだなあ。正直、CDは今年はいっぱい買ってるはずなのに、なかなか思いつきにくかったので、後回しになってました。
ということで、originalを5枚とコンピを3枚。(訂正)originalを6枚。コンピを4枚にして、ちょうど10枚にしました。

07年はcaptain funkが復活というのが大きかった。アルバムは意外とダンスというよりも普遍的なポップミュージックを演じていて面白かった。もうちょっとトラック的にクラブよりになっててもよかったなあとも思ったりして。

the onesの1stも07年だったのか。もうずっと前に出てた気がしたのはトラックのほとんどが既出曲だったせいか。ニューエレクトロブームの牽引役だったはずなのに、ちょっとど真ん中から外れたのは彼らにとって不幸だったのか、そうでもないのか。

07年はアーカイブ化の年だったように思う。細野さんのクラウン時代の2枚の名作に中華街ライブのCDとDVDなんて、この時代だからでたボックスとしか思えない。実はもともとのアルバムも持ってなかったので、お得な気分だった。

もともとのアルバムは06年か。まあ、07年はde de mouseの年だったということで。今年はクラブ活動も多少復活させたいと思ってるのだが、やっぱりde de mouseは見ときたいなあってことで。

THE MILLIONERS / MOST SEXIEST MUSIC
なぜか、これだけ日本のamazonになかった。ニューエレクトロから派生した潮流としてのディスコポップ的な流れで、一番うまく作ってるのはmillionersだと思う。いちおうannie周辺のアーティストなので、そのうちメジャー流通になるはず。

これを忘れてたよ。07年の上半期はこの人たちの作品とリミックスにはまってました。ミニマルの流れで聞いてる人が多いと思うけど、個人的にはバレアリックに近いものを感じてます。lindstromを分かりやすくした感じが好き。



ここから、mix CDです。

結局、07年はmodularの年だったのだなと思わずにはいられないmixcd形式のレーベルコンピ。収録されてるトラックすべてがかっこいいなんてありえない。そして、これを聞けばある意味全部が見渡せてしまうのが、ちょっとだけもやもやする。

もう一枚、ニューエレクトロよりのmix cd。っつうか、07年はmix cdはこういうのばっかり買ってた。だから飽きたのかも。あのmos印ではありますが、選曲がboris dlugoschとradio slaveなんで、むしろ、そこらのものよりはるかにコアですばらしかった。

(あまりにもamazonさんの情報が無いので、収録曲はciscoをご参照ください)
タイトルからしたらニューエレクトロあたりのコンピっぽいのだが、botchit & scarperからなので、むしろブレイクス中心。普段はあまりブレイクスは聞かないんだが、これに入ってるbaba o reillyのリミックスがすごく良くて、後、infadelsのmr. b remixが入ってるので高頻度で聞いてた。

これも忘れてた! lemon jellyのメンバーによるおそるべき3枚組mix CD。ラウンジでゆるゆるなのに次から次へととんでもないトラックが飛び出してくる。オールミックスとは何かということに真に回答して、舌をだしているかのような完璧な作品。


さてさて、今年はどんなのが出るか、そして、僕は来年の今頃何を聞いてるのでしょうか。

JUGEMテーマ:音楽

| クラブミュージック漫筆 | 01:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:13 | - | - | pookmark |
コメント
僕もcaptain funkの復活は嬉しかったです。内容良かった!
でも確かにもう少しフロア用のも欲しかったですよね。

それと
>07年はアーカイブ化の年
ってのは納得ですね。ただのベスト盤以上にボックスと
+アルファってのが多かったし。でも買っちゃうんですよね。

デデちゃんは一度動きを見てください!面白いですよ。
| NOW! | 2008/01/05 4:36 PM |
NOW!さん

やっぱりDVDという大容量メディアフォーマットとMP3という圧縮音源がそれぞれの特性を生かすのが、07年くらいから始まったなと思いました。
captain funkは自分でextended mix作ればいいのにと思います。
今年はde deは絶対に見ときたいですわ。
| mats3003 | 2008/01/06 1:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/222
トラックバック