CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< PINK SKULL / CHICAGO EP | main | BIRD PETERSON / SES EP #1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
BIRD PETERSON / COMPUTER JAM EP
ここ最近、またDMRを覗くのが楽しくなってきている。
まあ、ciscoのリアル店舗がなくなっちゃったのも理由のひとつだが、自分の興味関心があるレコードが多く売ってるってのが、やっぱり一番大きかったりする。
最近の僕の関心の中心はフィジットハウスと最近はb-moreと呼ばれるバルチモアブレイクス、それとバイレファンキあたりなわけですが、その辺が最近のDMRは強い。元々アンダーグラウンドのヒップホップは強い印象だったのですが、そのへんの主流が最近はb-moreだったり、バイレだったりするようで、他の店で意外とみかけないようなのがあったりするのが好感度高めです。
実は自分の興味関心の変遷って、DMRのどこを見るかって視点で考えるとけっこう面白くって、僕が今のDMRに通い始めた当初って、1Fのジャズのコーナーを中心に見てたんだけど、そのうちメインに見るのが2Fになって、そのうち、DMRだとちょっとチョイスがぬるく感じて、通うのをしばらくやめてたんだけど、最近また復活して、この1年くらいは1Fのunderground hip hopのコーナーを見ることが多い。

で、そのdmrのundergroundのコーナーでみつけて、キャプションを読んだらちょっと気になったので試聴してみたらびっくりして即購入した1枚。
bird petersonなんて名前(oscar petersonとつづりは違うがcharlie byrd、もしくはcharlie parkerの愛称"bird"を思い起こすだろう)と、悪くないセンスのジャケ、しかもdmrのundergroundのコーナーなんかにおいてあると、peanuts butter wolfあたりのようなジャジィなやつを想像しそうだけど、これがものすごいb-moreモノ。しかも単に大ネタを変なブレイクにしただけじゃなくて、昨今のニューエレクトロとかの流れに影響受けまくりで、ものすごいことになってる。
っつうか、メイントラックのtwurk centralなんて、institubesとかboys noizeあたりの音楽と区別がつかんくらいにビッキビキ。ディスコサンプルをものすごい方法でエディットしてる。これはびびったわ。リミックスの方がやや普通にb-moreになってるけど、originalはほとんどゲットーテックの勢い。
さらにはmohawksのchampをサンプルしてみたり、the whoのbaba o'reilyを使ったり、すごいことになってる。
特にbaba o'reilyネタは、去年、dancerocksに収録されてたilsのヤツ(mizutaさんもセットリストにいれてましたね)よりもストレートで好き。
最後にはpublic enemyのbring the noiseをエレクトロヒップハウス化して盛り上がりまくり。何気にこれが一番使いたいかも。こういうのをフロアシェイカーって言うんだよなと思わせる1曲です。
いやいや、b-moreのシーンも、昨年のultimate T&Aの時はまあ、コンピだからそりゃ良い曲集められるよなと油断してたら、ここに来て、一人でここまでのクオリティを作る人に出会って、びっくりですわ。
b-moreやばいってことで、是非。

BIRD PETERSON / COMPUTER JAM EP


JUGEMテーマ:音楽
| 12" | 01:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:41 | - | - | pookmark |
コメント
これはヤバいですねー!!

なんだか関係者が見てそうで、とてもコメントを書きにくいんですが、、、、(笑)

結局この手のアングラ物は、それを上手くプレゼン出来るバイヤーがいるか否かがポイントなんだと思います。プロモの段階ではCD-Rだったり、mp3だったり、ホワイト盤だったりするわけで、無印の状態でジャンル分けするのは難しい、というか、行き着くとこ無意味にも思えて来るんです。例えば、このレコードが何かの間違いでデトロイトのテックファンクの中にまぎれてたら、また違う聴こえ方がしたりするんだろうと思います。その辺のトリックを上手い事取り入れつつセールスに結びつけられる店は、消費されるだけではなく、長く愛されるのでしょうね。
| dj mizuta | 2008/01/29 2:45 AM |
>dj mizutaさん
いやいや、ここはそんなに注目度たかくないんで(笑)
実はこの前振りはmizutaさんをちょっと意識して書いてたりもしました。
確かにこういうのを掘り出すのはバイヤーの大きな仕事ですね。
一時期のdmrはその辺がすごくマンネリになってて、一言で切って捨てれば、つまらないレコード屋だったんですが、最近、またちょっと面白くなってきました。
一方で、ciscoはそういうプレゼンテーションをある意味無視して、全部売るというスタンスな店だったわけで、そのあたりがネットに移行した理由の1つなのかなあとも思いました。
| mats3003 | 2008/01/31 11:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/236
トラックバック