CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 中村光 / 聖☆おにいさん | main | KAZEY & BULLDOG / DIRTY WHEELS EP >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
PAUL MASTERSON PRESENTS SUBWAY / PULLIN' FOR TWO
今日は池袋にお出かけでした。20数年ぶりくらいにサンシャインの水族館に行きました。えらく混んでましたが楽しかったですよ。

southern fried records(ほぼ)オールカタログレビュー
ECB83 リリースは2005年9月
what u got, what u doがどキャッチーな大箱トライバルハウスで人気を博したpaul mastersonのシングル第2弾です。
前のブログの紹介記事をまずは発掘。
paul masterson presents subwayの新作が突然リリース。前作がけっこう話題にはなってましたが、今作はやばすぎです。
前作は若干のトランステイストが残ってましたが、今回はもう完璧に超アッパーラテンハウス。これ、もう、長らく空き枠になっていたbelo horizonte〜welcome to sambatownのポジションにはまっちゃいそうな、ど派手な展開です。
パーラララ、パーラララなんていうキッチュなコーラスとタフなグルーブのベースライン、すげえよこれ。
メインの#Aのoriginal mixは男性の拡声器を通したような声があおりまくる正統派ラテンディスコ。
norman cook大先生が腰をふって、タオルを振り回しながらかける姿が目に映るような怒涛の展開。この曲でフロア中が狂ったように踊りまくってる姿を、一段高いdjブースから見てみたいというような欲望にかられるステキな展開です。
#Bは、ほぼトラックは同じながらも、女性のおしゃれなボーカルパートが追加され、よりリスニング度が高くなった感じ。どちらかといえばsamba town度はこっちの方が高め。ピッチもこっちの方がちょっと遅め。でも、これまたフロアでかけると、ニコニコとしながら踊りまくる女の子がいっぱいでてきそうな開放感あふれるミックス。
両ミックスとも、ちょっと時期は外れてしまったけど、屋外でかけても受けそうなのがナイス。

前作にちょっと残ってたトランス臭さ(paul mastersonはyomandaのメンバー)もすっかり抜けて最高に陽気なラテントライバルなので、まあ、平たく言えば大好きです。
レコ屋の中古箱にあったら迷わず購入です。

PAUL MASTERSON PRESENTS SUBWAY / PULLIN' FOR TWO

JUGEMテーマ:音楽


| southern fried | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック