CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< V.A. (DJ MIXED BY MASANORI IKEDA) / NEW BALEARIC HOUSE | main | キッズボーカルモノの誘惑 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
RICARDO VILLALOBOS / ENFANTS (CHANTS/TAMBOURS)
Turnmills閉店!!!
うわーっ、すげーっショック!
僕が初めてロンドンに行ったときに遊びに行った、クラブでした。
イベントはheavenly jukebox。レジデントはrichard fearlessで、ゲストDJはchemical brothers。地下鉄を降りてクラブに向かって歩いていたら、白人のカップルから「君も行くの?」ってきかれて、そうだよと答えたら、「一緒に入れてあげるよ」って言ってくれて、長い長い列をショートカットして入れてもらいました。入ったら、DJブースの入り口のところでエドが1人でぼんやりとタバコをすってたのがすごく印象的。chemicalは25時にスタート。1曲目はbrock rockin' beat。フロアが一気に爆発したのは今でも鮮明に思い出せます。
あのときのどうしょもなく楽しかった体験が、僕にクラブミュージックの楽しさを教えてくれただけに、なくなっちゃうのは切ないねえ。

まさか、僕のブログでvillalobosを取り上げる日が来るとは! もう、そういう出だししか思いつかなかったくらいのすごいシングルです。
villalobosといったら、ミニマルの巨匠ですよ。僕の普段聴いてるところとは微妙に重なるようで、ほぼ重ならないですし、そもそも彼の12”を買うのも初めてですとも。しかし、これは通販で試聴した瞬間に買うのを決めちゃったくらい最高のトラックです。
だって、キッズボーカルものだもん。
いや、これをキッズボーカルでくくっちまうのは乱暴にすぎるか。
とにかく針をのっけた瞬間から始まる子供の祈りの合唱、いわゆる聖歌とピアノの音色が一気に空間を覆いつくす。これは気持ちよすぎる。しかも、これが延々と続く。子供の声によって生じる無垢な神聖さは、それゆえに冷たさも伴ってまるで広いフロアに一人でいるような気分にさせる。
このトラックで感じさせる印象は、同じ子供の合唱を扱ったjusticeのd.a.n.c.e.と比べて全く正反対だ。d.a.n.c.e.が動なら、enfantsは圧倒的な静。d.a.n.c.e.がモータウンへのリスペクトなら、enfantsはプログレッシブロックとの邂逅。そして、d.a.n.c.eがニューエレクトロの総決算なら、enfantsはディープミニマルの極北だ。いや、もちろんどっちが正しいとかどっちが好きとかの低次元の話は全く存在しない。どちらもそのシーンにおいて存在しなければならないトラックだ。
そもそもこのenfantsはricardoの子供が生まれた記念に作られたトラックだとのこと。なるほど、この祈りは生への祝祭なのだろうか。

RICARDO VILLALOBOS / ENFANTS (CHANTS/TAMBOURS)

JUGEMテーマ:音楽


| 12" | 01:54 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:54 | - | - | pookmark |
コメント
まさか、matsさんのブログがvillalobosを取り上げる日が来るとは!(笑)
これ僕も買いました。確かに祝祭的ですね。
この、何処にも行かないのに気付いたら周りの風景が変わっていた
みたいな(?)トリップ感はvillalobos以外には出せないです。
でもこれ、もはやテクノでもなんでもないですよねえ・・・。
| びびんば | 2008/02/29 7:31 PM |
このシングル私も今買ってきたところです。

んで音と全然関係ないんですけど、 Villalobos って確かゲイじゃなかったでしたっけ?
だから「子供が生まれた記念に作られたトラック」っていうところがスゴイ気になるんですよね。
両方いける人なのかしら。
まぁどうでもいいことなんですけどね。
失礼しました。
| shooter | 2008/02/29 10:44 PM |
>びびんばさん

僕も驚きです(笑)
いやあ、これは本当に良い。確かにテクノじゃない気がするけど、でも聞き終わって、じゃあ、これ何?って聞かれるとテクノって答えそうな気がします。
| mats3003 | 2008/03/02 2:53 AM |
>shooterさん

あ、やっぱりshooterさんも買ったんですね。

ええっ、villarobosってゲイなんですか?!
それは知らなかったです。
じゃあ、どうなってんのという気が確かにします。
| mats3003 | 2008/03/02 2:55 AM |
この曲を聞いても、matsさんの言う「enfantsはプログレッシブロックとの邂逅」
ってことがよく理解できなかったんですけど、今日たまたま立ち読みしていた
ブロスを見て納得しました。

マグマのクリスチャン・ヴァンデが参照されていたとは驚きつつも
すんごい納得できました。この人、エキゾ趣味?があるので、
ケチャかな〜とか当初は思ってたんですよね。

バイ云々はremixで読んだことがあるような記憶が・・・
リッチー・ホウティンとどうのって(笑
| bigflag | 2008/03/12 11:22 PM |
>bigflagさん

そうそう、マグマなんですよ元ネタが。
マグマはフランスですが、子供声の聖歌コーラスのあの音は、なんとなくイタリアンプログレっぽい印象だったりもして、邂逅と書いたりもしたのですが、それも、やっぱ、マグマからの引用ってのに引きずられてた気はします。

リッチーが相手かあ。
そういや、今度、villarobosは田中フミヤとユニットをやるらしいのですが...
まあ、いっか。
| mats3003 | 2008/03/13 1:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/246
トラックバック