CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< キッズボーカルモノの誘惑 | main | 小林恭二 / 宇田川心中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ARMAND VAN HELDEN / WHEN THE LIGHTS GO DOWN
ホットプレート暦1年くらいを経てようやとお好み焼きのレシピが安定してきました。

昨日のエントリに力を使いすぎたので(笑)今日は、southern fried records(ほぼ)オールカタログレビューを簡単に。
ECB85 リリースは2005年9月
armand van helden師匠のアルバムnymphoからのカットですが、これが一番良い曲だと思ってたので、リリース当時はかなり嬉しかった記憶があります。
またも、前のエントリから引用
そういや、いつのまにか今週末はarmand van heldenの来日イベントがagehaでありますね。行くかどうかについては検討中。
そんなこともあって、このアナログ紹介してなかったので、いまさら紹介。nymphoの紹介をしたときに一番好きといっていた曲が晴れて、シングルカットです。そりゃそうだよなあ、これ、ずば抜けて出来がよかったもん。
まあ、わかりやすく言えば、armand van heldenによるcall on meの解釈でしょうか。
おいしいサビの部分を延々とループさせて、途中でブレイクでその他のメロディを少しいれるというタイプですね。
で、この曲、やっぱフレーズの取り方がさすがvan heldenって感じですごくうまい。my my myみたいにちゃんとキャッチーなフレーズを使ってます。でもって、全体の味付けはギターのリフとかが、かなりアメリカンロックテイスト。最近のvan helden節ですね。ハウスに入れるギターのフレーズって、けっこううるさくなりがちですが、これはばっちりとはまってます。
ここんとこ、イベントとかでもけっこうかかってますし、たぶん今度のagehaでもかかると思うので、今のうちにおさらいしときましょー。
ってことですわ。
ちなみにリミックス盤はboy 8-bitとdeepgrooveと盟友dj sneakが参加。オリジナルの方ではtrophy twinsなんかもやってますね。正直、どれもピンときてないです(笑)

ARMAND VAN HELDEN / WHEN THE LIGHTS GO DOWN (ECB85)
ARMAND VAN HELDEN / WHEN THE LIGHTS GO DOWN (ECB85R)

JUGEMテーマ:音楽


| southern fried | 01:05 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:05 | - | - | pookmark |
コメント
はい、この曲大好きです!
仰る通り、ぶっちゃけオリジナル・ミックスだけあれば事足ります(笑)

出だしのギター&ボーカルによる長〜いブレイクは、大箱でとんでもなく威力を発揮するのですが、いかんせん関西の場合、その“大箱”自体が少なく、掛ける場面が限られてしまうのが残念。更に残念なのは、その大箱でプレイしている大御所DJや外タレは、この曲をあまりプレイしていないという事実。勿体ないです。

で、この前作に当たる“Into Your Eyes”の元ネタは、どなたも触れてませんが、Duran DuranのギタリストAndy Taylerのソロで、そこそこヒットした“I Might Lie”という曲です。Armandは、他にもDuran Duranの曲をサンプリングしたトラックがありました。そういう世代なんでしょうね。
| dj mizuta | 2008/03/03 2:20 AM |
>dj mizutaさん
本当にこれすごく良い曲なのになんで、それほどプレイされてないんでしょうか。
東京でもそれほど聞いた記憶は無いです。
armand本人とfatboy slim大先生くらいかしら。
やっぱりmy my myとかと比べると分かりにくいんでしょうか。
そうそう、into your eyesはandy taylerのサンプリングってのを僕も確かクレジットで見つけて、そういやそうだなと思いました。
armandの80's感ってduran duranっぽいですよね。
ニューウェーブじゃなくてニューロマなんですね。
| mats3003 | 2008/03/03 10:02 AM |
僕はARMAND VAN HELDENこそがB-BOY!と思ってたんですが、
本当はニューロマ兄ちゃんなんですよね。
でもネタの使い方が本当に面白いんだよなあ。
その辺から誰がリミックスやっても微妙になっちゃうのかなって。
| NOW! | 2008/03/07 1:19 AM |
>NOW!さん
van helden師匠は、見た目はb-boyですが、実はきっちりと自分のmix cdの全曲解説を書いてたり、マメな仕事をする男なので、実はニューロマの方が内面が近いのかもしれません。
確かに彼の曲のリミックスってぱっとしたヤツになかなか出会いませんね。個性が強いんでしょうね。
| mats3003 | 2008/03/07 2:21 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/248
トラックバック