CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< ヤン富田 / FOREVER YANN MUSIC MEME 4 VARIATIONS | main | PNAU / BABY (REMIXES) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
MARIO! MARIO! MARIO!
前回のヤンさんの記事、すぐにアップしたせいか、けっこう多くの方に読んでいただけているようです。さすが、ヤンさんですね。

ところで、こないだTDLに行ったのですよ。そんで、ふと思ったんですけど、日本のコンテンツ産業でディズニーに対抗できるのって任天堂だけじゃないかなあ。時代が一昔前に、任天堂に対する世界的評価が今のようなものであったなら、任天堂のキャラクターが総登場するテーマパークとか作ってもよかったのかもしれませんねえ。
でも、全部それはゲームという仮想現実の中で実現してるから、それを超えるほど魅力的にはなりにくいのかもしれませんね。
なんてことを思いながら、NYタイムズの任天堂の記事の訳を読みました。

たまたまなんだけど、スーパーマリオのBGMを使ったトラックを立て続けに2枚ほど購入してしまったので、その辺りをネタに書いてみようかなと。
スーパーマリオのBGMって、世界で一番有名なアノニマスミュージックじゃないかと思うんですよ。いや、アノニマスミュージックって今考えた造語なんだけど。と思ったら、定義は違うものの検索したら意外と出てくるのね。まあ、僕の漠然とした定義は、作ってる人が誰というのは、世間一般では、それほど気にされて無い音楽ってところ。アノニマスデザインのもじりです。ゲームのBGMやCMソング、テレビやラジオのジングル、レコードコレクターにおなじみなモノだとライブラリー音源とかのイメージ。もちろん、それぞれの界隈では有名な人が手がけてたりするんですけどね。
ちなみにマリオの作曲者は近藤浩治さんという人。
ねっ、知らないでしょ。
ヒップホップは短いループで音をつくるためか、ラップを乗せればいいだけだからか、意外とこういうのをあっさりと作れてしまったりするようで、けっこう本格的に作られてます。
有名なのはcocoa brovaz / super brookrynですね。
ダンジョンのBGMは、ちょっと不穏な感じが本当にギャングスタラップとの相性が良いですね。ちと重過ぎておもしろくないけどね。cocoa brovazはマリオブラザーズをもじった変名かと思ってたら、元々そういう名前なんですね。

でもって、実は全然しらなかったのですが、どうやら、cocoa brovazよりもはるかに前に、ミドルスクール期にすでにネタ使いされてたようで、それが、このdouble agent rock / go go mario。こっちはジャンプの音とかを使いながら、地上のBGMを、途中、ラッパーがなぞっちゃったりするあたりがステキですね。数年前に再発されたらしいのですが、オリジナルは激レアだとか。

大ネタをカバーしまくる日本の謎ヒップホップユニットvolta mastersもネタ使いしてますvolta masters / video game epに、FFやドラクエネタと一緒に収録されてます。
他にも実はレゲエのshineheadも使ってるのですね。調べてて初めて知りました。shinehead / the real rock収録のworld of the video gameです。そうそう、トンガリキッズ / b-dashも忘れてた。マリオネタで最大のヒットはこれでしょうね。実はあんまり好きじゃないんです。企画臭が強すぎて。

ヒップホップは他にもありそうだけど、このくらいにして、続いてはテクノハウス周り。
個人的にものすごい衝撃を受けたのは、太鼓ダブとマリオの完全マッシュアップトライバルハウスj / jrh-001です。
おそらくは太鼓ダブのdj juriの変名かと思うのですが、とりわけ、これの無敵モードの音は最高すぎ。完璧なトライバルトラックです。とにかく1曲まるごと使いどころだらけで、トライバルのリズムトラックとファミコン音がここまで相性よいとは思いませんでした。

次に紹介するのは、最近購入した3d!t / robot strategyを。
これの#B3のmashrom drainpipeが、むやみに無駄にかっこいいマリオBGMネタエレクトロ。元音源をざらっとした質感にエディット。地下にもぐってからリズムが爆裂する。すげー使い道に困る(笑)どうかけても浮く。むしろネタっぽく(いや、ネタモノなんだが)最初にかけるのがよいのかも。

最後にこれも最近購入したbutch / mashroom manを。まあ、タイトルの通りなのですが、これがちょっと面白いのは効果音だけでトラックを組み立てている点。おかげで、えらく真剣なのに妙に面白いミニマルテクノになってます。チップミニマルとでも言えばいいのか。これは、びびんばさんに教えていただきました。ありがとうございます。

ということで、やっぱりマリオのあのメロディは、聞くだけでうきうきとして来るのが、クラブのフロアにもよいのかもと改めておもうものでした。

ついでにおまけ。
フランス産ディスコリエディットプロジェクトles edit du golem / #4、これの#Bは細野御大のゼビウスのリエディット。元々かっこいいので、さらにすごいことになってます。

スウェーデンのディスコダブユニットjohan agebjorn / spacer woman from marsにはボーナストラックとして、megaman 2 つまりロックマン2のカバーが収録されてます。これは個人的にはあまりぴんと来ないなあ。ロックマンって向こうではそんなに人気あるのかしら。

まあ、ようは、みんなゲーム大好きってことで。
JUGEMテーマ:音楽


| クラブミュージック漫筆 | 01:12 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - | - | pookmark |
コメント
「Megaman II」は出た当初今年のベストではないかとか思いながらヘヴィロテしていました(笑)。日本ではロックマンネタの投稿動画がいっぱいありますけど、ヨーロッパでも人気のあるゲームなんでしょうか?敵キャラのアイスマンを使ったフライヤー作ってるあたり、単に彼が好きなだけなのかも。

ちなみにマリオのテーマってBillboardのHot Ringtonesチャート、つまり着メロチャートでは開設以来長年No.1を独走していまして(正確には超ロングヒットで何度も1位に返り咲いている)、アーティスト名にKoji Kondo、レーベル名にNintendoの文字が常に上位でまばゆく輝いています。いつかの年間チャートでは名だたるトップアーティストと並んで写真付きで出ていました(笑)。
| skg | 2008/06/03 8:44 AM |
>skgさん
megaman IIは曲としてはかっこいいんだけど、ゲームそのものをやってないんで、ぴんとこないんです。
ロックマンは最初のしかやってないんです。

マリオのテーマって、そんなに海外で人気あるんですね。
そもそも、ビルボードに着メロチャートがあるってだけで驚きですけど。
近藤氏の印税がすごいことになってそうですね(笑)
| mats3003 | 2008/06/03 12:04 PM |
ゲームネタは結構持ってますよ。なんせTGNGの…もう古いネタっすね。
僕はたまーに本物のマリオのサントラとバトルブレイクス物とで生で1曲やりますよ。
| NOW! | 2008/06/03 4:03 PM |
>NOW!さん

あー、確かにNOW!さんはこの辺は得意でしょうね。
かっこいいなあ、マリオとバトルブレイクの生マッシュアップ。
聞いてみたいです。
僕もゲームサントラは20年以上前のヤツをいくつか持ってるから、使えるか聞きなおしてみようかな。
ちなみに今回はチップチューンとかナードコア周りは意識的に外してます。
その辺、紹介するときりが無いから。
| mats3003 | 2008/06/03 8:28 PM |
Norman Cook大先生のエピソードなのですが、僕が着ていたソニック・ザ・ヘッジホッグのTシャツには無反応でした。「このキャラを知らないの?」と尋ねた所「知らない」との事。ソニックは、たぶんアメリカだけの人気なのでしょうね。

「でもマリオは知ってるよ」との事でした。

| dj mizuta | 2008/06/03 8:50 PM |
>dj mizutaさん

ソニックは確かにアメリカでは抜群の人気ですね。
日本よりも人気あるんじゃないかってくらい。
ドイツのエレクトロの人でrobottiって人がいるんですが、彼は別プロジェクトで、robosonic the hedgehogってのをやってます。
technologicとcreepsとmagic carpet rideのマッシュアップで、イントロがソニックのスタート音っていう、非常に僕のためのトラックとしか言いようがなかったりします(笑)
ただ、robottiは1st singleがnintendoっていうタイトルでジャケがゲームボーイだったりするので、単なるゲームマニアなだけな気はします。
一般人にはマリオほど浸透してないのかもしれません。
| mats3003 | 2008/06/04 10:02 AM |
こんばんは〜初めてコメントします。

元Hardknoxの人がImmortal Mindsって名義で出した盤の終盤に無意味にコナミのサッカーゲームの音声とかが入ってるの思い出しましたわ。
matsさんなら持ってるかもしれないけど。
| しみず | 2008/06/14 1:41 AM |
>しみずさん

こっちでははじめまして。
いやいや、hardknoxの人が違う名義でレコード出してたのも初めて知りました。
意外とビッグビート以降のニュースクールブレイクスとかは弱いんです。
ブレイクビーツものはレコードの最後に声ネタとかを入れるのがあるので、その流れなんでしょうかね。
ヒップホップのバトルブレイクスなんかのノリなんでしょうかね。
| mats3003 | 2008/06/16 1:58 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック