CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< CAGEDBABY / HELLO THERE | main | GUI BORATTO / LIKE YOU >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
V.A. / HED KANDI THE MIX: SUMMER 2008
今年はサマソニと阿佐ヶ谷の七夕が重なってしまったのが本当に悔しい。例年、まともに重なることはないように思うんだが、今年は日のめぐりがちょっと悪いのかなあ。

夏のコンピレーションものは、毎年、結局なんらか買ってたりしますが、今年はhed kandiのコンピが久々にいい感じなので紹介。
UKのお洒落ハウスムーブメントを巻き起こしたhed kandiもここ数年は、立ち上げた張本人のmark doyleが離脱して、さらにアートワークを一手に引き受けていたjason brooksも一緒に去ってしまった結果、ministry of sound傘下とはいえ、ものすごいパッとしないレーベルになってしまい、こりゃ、もうおしまいかなと思っていたのですが、何と昨年から奇跡的にjason brooksが復帰して、一気に復活の兆しを見せ始めてます。なんでも、jasonとmark doyleの契約が切れてしまったとのことで、ministry of soundの資金力を背景に大型契約を結んだ様子。
さすがダンスミュージックの総合商社ministry of soundですな。なんか、某日本の球団みたいだ。
とはいえ、これがまこともって、うまい方向に作用しているようで、今回のコンピはすごくいい意味での華のある内容になってる。
3枚組で、それぞれにレーベルの持つシリーズのタイトルをつけているのも、いつもどおりなのだが、今回はdisc1がtwisted disco、2がdisco kandi、3がdisco heavenとなってる。いつもだと、3枚目にハウスクラシックのback 2 loveとかにするところを押しとどめたのが、上手いところ。
とりわけ、1枚目にhed kandiにおいて最もカッティングエッジで、攻撃的なエレクトロハウス集のtwisted discoを持ってきてるのがえらい。#1からadeleのcold shoulderのエレクトロハウスミックスでスタートしてるあたり、決意が感じられる。この1枚目の見どころはやはりherveのcheap thrillsのlaidback luke remixか。ところで、これ、本体には声こそ入らないものの、feat. plastic littleってなってますが、そんなの作ってるのか? これはdataのライセンスリリースに期待したい。
2枚目もutah saintsのリミックスでスタートするアッパーハウス展開。alex gaudinoのwatch outはプロモ盤が話題になってた懐かしのpigbagネタ。ちなみにこのディスクのラストはhott 22の曲にhed kandiの歌姫bonnie baileyが復帰。この人の復帰もうれしい。
3枚目はtodd terry all starsで始まり、 ディスコ度高めの展開。static revengerの久々の作品もうれしく、ラストはthe shapeshiftersの大復活作treadstoneで〆。
3枚ともバラ売りしてもぜんぜんOKなくらい充実したミックスです。
ちなみにministry of soundはホールディングカンパニーとしてmshkを設立した様子。今後、いろんなブランド展開をする様子。まあ、このセンスはうまく活用したいんだろうな。

V.A. / HED KANDI THE MIX: SUMMER 2008

JUGEMテーマ:音楽


| MIX CD | 01:39 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:39 | - | - | pookmark |
コメント
あー、あのイラストレーター戻って来てたんですか!
MOS傘下になってからDATAと何が違うのかってくらいレーベルカラーが変わっちゃったので僕ももうあんま気にしてなかったんですが、最近の選曲が良くなったような気がしてたのは錯覚じゃなかったのかな(笑)。Mark DoyleのFIERCE ANGELの方はどうなったんだろう。結局こっちもこっちでかつてのHED KANDIほど成功してないような…。
| skg | 2008/08/06 6:41 AM |
>skgさん

そう、結局、hed kandiブランドを支えてたのはjason brooksだったんだなあと、気づかされましたってことなんでしょうね。
一気にレーベルがhousexyとかとも差別化されたように思いますし、jason効果は絶大だなと。
実際、選曲も少なくても今回は、飛躍的に良いです。
markのfierce angelは続いてるみたいですが、jasonがいなくなって、やけにジャケがくどくなったのが気がかりです。

| mats3003 | 2008/08/06 10:35 AM |
あのー、サマソニの件でメールもらえると嬉しいっす。
記事と関係なくてごめんなさい…。
| NOW! | 2008/08/06 11:41 PM |
> NOW!さん

メールしました!って、すでに返信いただいてますが(笑)
では、そういうことで。
| mats3003 | 2008/08/08 4:31 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/306
トラックバック