CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< KIDDA / GOING UP | main | GRANDADBOB / HIDE ME >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
TITTSWORTH / TWELVE STEPS
diesel xxx行ってきましたよ。
レポートはmixiの日記を見てくださいな。なんかへとへとになりましたよ。a-trakが一番良かったです。

b-more界隈の新星にして、いまやトップクラスのスターといってもよいtittsworthがオリジナル作だけでアルバムをリリース。
いつものやばすぎて正規リリースできないブートb-moreじゃなくて、いろんなゲストを迎えてオリジナルトラックを12トラックってことで、まあ、正直、ちょっとおとなしめ。
このアルバムを聴くと、b-moreって、やっぱりヒップホップの流れの音楽なんだってことを再理解できます。っつうか、これ、最近のヒップホップ聞いてるのと、感覚はあまり変わらない。
bpmの速さはハウス的というかゲットー的なんだけど、構造そのものはヒップホップそのままだよなあ。思ったよりもサウンドを丁寧に作ってるのもそういう印象を与えるのかも。T&Aでの諸作の魅力は、あのサンプリングの荒っぽさだったりもしたので、そういう点では、ちょっと考えどころ。
とはいえ、kid sisterとpase rockなんていう人気者を迎えての#2のWTFは相当かっこいいし、#9のhere he comesもメロウでよい曲。ラストに収録されたtittsworth's themeはそれまでのシリアス路線がチープなホーンの音色で腰砕けになる妙なトラックで、こんなのを自身のテーマにしなくてもよいんじゃないかと思うけどかなり好き。

TITTSWORTH / TWELVE STEPS
JUGEMテーマ:音楽


| CD | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:51 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/323
トラックバック