CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< V.A. (MIXED BY SPANK ROCK) / FABRICLIVE 33 & FABRICDEAD 33.3 | main | MIGHTY DUB KATZ / GUAGUANCO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
気になるレーベルを熱く語るよ

気になるレーベルを淡々と記録するよ(MUSCLENOTE)からのインスパイア(という名のパクリ)ネタです。(ちなみにMUSCLENOTEさんの方では、第2弾もアップされてます。)
いわゆるクラブミュージックの類を聞くようになって、最初はアーティスト名あたりから買うようになるんだと思うんだが、やっぱりそこから一歩踏み出すなら、レーベルで聞くようにならないとね(はあと)っていうことで、僕が「とりあえず、全部買ってるレーベル」から「必ず試聴はしてみるレーベル」までを思いつく限り乗っけてみます。で、youtubeリンクをとめどなく貼ります。
書いてみたら、最近はやりのb-moreとfidgetが多くなったので、ガチ定番、fidget&b-more、その他の3つに分けてみました。

今回はちょっと長すぎるので、2分割。

 【ガチ定番】
southern fried
うちのブログの読者なら知らない人はいないので解説省略。最近は作品乱発とmighty dub katzのリイシュー攻勢で、やや水増し感があるのだが、それでも5枚買ったら3枚はDJケースの常連になるガチレーベル。
armand van helden / shake that ass


data
ダンスミュージックのコングロマリットministry of soundの直系レーベル。日本で言うrhythm republicみたいなもんだけど、センスは1万倍良い。世界中に目をやってるので、ええっ、そんなのまでライセンス買うのってのを出して大ヒットさせやがる。
eric prydz / pjanoo


PIAS (play it again sam) / different
piasは元々はベルギーのインディレーベルなんだが、今や世界中にブランチを抱える巨大レーベル。さらに傘下にはwall of soundまで抱えている。differentはpiasのエレクトロニック部門。underworldやtiga、soulwaxも所属する。
tiga / far from home (ちなみにビデオディレクターは故野田凪)



【fidget / b-more】

mad decent
diplo主宰。つまりはダンスミュージックの最先端レーベル。1stリリースがbonde do roleのデビューEPで、近作がof montrealのリミックス12inchってことで、レーベルの目利き度合いがよくわかる。リリース量少ないから全部買っておいたほうが良い。
diplo ft. rye rye / blow your head


fool's gold
a-trak主宰。kid sisterを世に送り出したので、バイレっぽいヒップホップのレーベルかと思ってたら、最新作は自身がlaidback lukeと組んでエレクトロハウスをやってる。a-trakのDJのような良いダンスミュージックにこだわった良いレーベル。
treasure fingers / cross the dance floor


T&A
b-more界の若きスーパースターtittsworth & dj ayersによるネタモノb-moreレーベル。多分、ライセンスは1つもとってない。1枚レコードボックスに入れておけば、どんな現場でも笑いと歓声を取ることができます。
AC/DC / thunderstruck (tittsworth remix)


MONEY STUDIES
NYのレコ屋turntable labが主宰するレーベル。以前はdiploがブートモノシリーズのhollertronixをだしていた(今はmad decentから)。T&Aとおんなじ感じ(っつうか、T&Aはここを参考にしている)だけど、T&Aよりも上品な感じ。
hollertronix / sweet banner


flamin' hotz
フィラデルフィアのレーベル。bird petersonで知った。基本的にはヒップホップよりのb-moreやバイレなんだが、なぜかhail socialというインディバンドのリミックスなんかもやっててこれが最高。
hail social / heaven (designer drugs rmx)


dubsided
dave taylor (switch)主宰のfidgetレーベル。最初はあのa bit patchyをリリースしたレーベルと認識されていたが、今はあのherveを発掘したレーベルという認識か。
nadastrom / pussy ep


cheap thrills
名前の通りherveの主宰するレーベル。今のところ全部当たり。間違えてはいけないのはcheap thrillsそのものはここからは出ていないってこと。自身の変名しか出さないかと思ってたら、fake bloodなんかも出している本気のレーベル。
herve & kissy sell out / rikkalicious


made to play
jesse rose主宰。彼自身の音に近いちょっと音が硬めで、クリックハウスっぽいfidgetレーベル。jesseがあまり好きじゃないので、正直微妙なのも多いが、たまにわけわからんのも出すので見逃せない。
sawtooth sucka / depressed mode


loungin' recordings
こっちもjesse rose主宰。元々ブロークンビーツ系のレーベルだったので、音が割りとジャズよりでカラフルなfidgetを出している。なので、ものによっては普通のボーカルハウスだったりする。こっちの方が僕は好き。
youtubeはみつからなかった。

man recordings
ブラジルの本場バイレファンキのアーティストを輸入しつつ、sindenやcrookersなどのfidget houseをリリースする非常にこのシーンらしい(なんと)ドイツのレーベル。最近はb-moreも出している。
edu k / gatas gatas gatas



【その他のレーベル】

C2/CR2
昔はCredenceって名前だった(厳密に言うと違うんだが省略)度派手でガチガチなエレクトロハウスが非常に強い。pete tongがかけるような音がほしければここを買えば間違いない。
dj jeroenski / back once again (vandalism remix)


superstar
ドイツのエレクトロハウスレーベル。tocadiscoの(たぶん)本拠地。他のレーベルからのライセンスリリースが中心だが、いい感じのリミックスを追加してくれることが多いのでけっこう重宝している。
tocadisco / morumbi


kompakt pop
kompakt本体よりも個人的にはサブレーベルのこっちの方が好き。基本的にはミニマルをベースとしたトラックなのに、なんらかのエラーが出てしまってポップとしか言いようの無いトラックたち。
gui boratto / like you (super mayor remix)


dfa
最初はthe raptureのthe house of jealous loversでエレクラ代表として有名になりつつも、基本的にはディスコダブ要素の強いレーベルだったが、去年くらいから突然、ダブが無くなり暗黒ディスコ化したマッドなレーベル。hercules & love affairのblindは至高の名曲。
the juan maclean / happy house


modular
いまやed banger、kitsuneと並んでニューエレクトロ3大レーベルの1つといえそうだが、van sheとcut copyをリリースしてる点では、ややロックよりなレーベルだと思う。とはいえここの看板はやっぱりavalanchesだと思う。
whitest boy alive / golden cage (fred falke remix)


every conversation
escalator recordsの仲社長渾身の海外インディ専門レーベル。とはいえ、もう無いのどうなの? とにかく仲社長の現場感覚満載の選球眼が完璧なレコードばかり。基本的にインディロックながらも、実にフロア栄えするトラックばかり。pacific!を最初に発掘しただけですでに価値が無限大。
ex-otago - amato the greengrocer


g.a.m.m. enterprises
最後はジャズ系マッシュアップ/リエディットレーベルの老舗を。スウェーデンのクラブジャズの老舗raw fusionの傘下として、世界で最もおしゃれなマッシュアップをリリースし続けている。最近リリースされたjames brownのリエディット集も良かった。
tangoterje / can't help it



いやはや、疲れました。俺、こんなにチェックしてたのかよってあきれましたが、これで全部だと思うなよってことで、実際にはレコ屋で見つけたら聞いてるレーベルはもっともっといっぱいあります。多分、この倍くらいはある。だから、レコードの出費が多いんだ。
あと、今のjugemのエディタは、youtubeのリンクを貼り付けるのにはあまり向いてないことがわかりました(苦笑)
JUGEMテーマ:音楽
| クラブミュージック漫筆 | 18:47 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:47 | - | - | pookmark |
コメント
こうやって並べられると、その人の趣味が分かって面白いですね。
私も一瞬やってみようかと思いましたが、マソ山さんと色々かぶりそうなのでやめました。
逆に mats さんとはかすりもしないんですけどね(笑)。
でもその分参考になります。
| shooter | 2009/01/28 9:57 PM |
>shooterさん

このエントリを上げたきっかけがまさにマソ山さんとあまりかぶらないことにあったりします。
自分の音楽的嗜好をレーベルでひらいていけるのはまさに、クラブミュージックの特権だなとおもいます。
| mats3003 | 2009/01/29 10:07 AM |
これ、僕もやってみようかとずいぶん前から思ってたものの、自分ごときの知識量じゃ書けることもたかが知れてるなって感じで放置してたんですが、やっぱり面白そうですね。よく知らないレーベルが多くて勉強にもなりました。
| skg | 2009/01/29 9:49 PM |
>skgさん

fidgetやb-moreのレーベルは割りとメジャー、マイナー玉石混交で選んでみたので、なじみがうすいレーベルも多いかもしれませんね。
それにこの辺って、あまり紹介してるブログもないので、一回洗っておこうかなと。
| mats3003 | 2009/01/30 10:29 AM |
こうズラっと並べられると、matsさんがガチと言ってるところは素通りしているところばかりなんですけども、その他とされているところが、matsさんとの接点だとすぐに分かってしまいますね。すごく面白い(笑)

ところでmixiで読んだんですけど、酷いギックリ腰になってしまったとのことで、大変そうですね・・・しかし、掃除機みたいな軽いものでもなってしまうとは驚きです。何度か経験があると書いてはったんで、軽いものでもタイミング?が悪けりゃ、ってところなんでしょうか。まずはお体をお大事にしてください。
| bigflag | 2009/02/02 11:52 PM |
southern fried黄金期をリアルタイムで体感してない世代にはMATSさんのような水先案内役は非常に参考になります。。
流行り廃りが激しいクラブミュージック界において今も良作を出し続けてるタフさにはただただ感心させられるのみ。RESPECT

てか、wall of soundの上にもレーベルがあるなんて知りませんでした!
| しみず | 2009/02/07 3:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/332
トラックバック