CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< STETSASONIC / TALKIN' ALL THAT JAZZ (DIM’S RESPECT FOR THE OLD SCHOOL) | main | BOOGALOO / YOU GOTTA HAVE FREEDOM (INSTRUMENTAL) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
EDIT CONFERENCE / THE EDIT 〜EDIT MUSIC DISC GUIDE〜
ハイチの大地震に対して、海外ではセレブリティがいろいろ動いてたりするのは周知だろうけど、日本でも、ヒップホップの巨頭zeebraとdj yutakaの二人が発起人となるプロジェクトが立ち上がった。これが面白いのが、twitter上でdj yutakaがzeebraに打診して、zeebraが了解、#JP2HAITIでツイートする形で賛同者、参加者をつどうという形で、一気に動かしていっていること。ちなみに現段階ですでに参加者は日本のヒップホップオールスターズの様相を呈している(メンバーリストはこちらを参照)。どのように動くかは上記のハッシュタグと、プロジェクトオフィシャルアカウントjp2haitiで、今後も追いかけていきたい。

で、これも新しいカテゴリというか、以前は全部booksでまとめていたカテゴリを、音楽関連の本で独立してみました。最近、割と積極的に音楽にまつわる本を読んでることが多いので、そのあたりを積極的に紹介してみようかと。一口に音楽本と言っても、ディスクガイドからミュージシャンによるエッセイや小説、それに音楽の研究書まで意外と幅は広いです。
今回は去年の年末に発売されて、個人的に非常に楽しみにしてた1冊。
ダンスミュージックにおいて、古典的な手法でありながら、あまり語られることのなかった手法エディットにフォーカスした研究本兼ディスクガイドです。latin rascalsやgreg wilsonら海外のエディターらへのインタビューも踏まえたかなりの力作。日本もオリジナルエディターのk.u.d.o.やdub master x、さらには角松敏生(!?)まで、インタビューするという目配せの良さ。
紹介しているレコードもdickie goodmanらのいわゆるルーツから、breaker's revengeを経て、現代のエレクトロ系のエディットまで紹介するというなかなかの視野の広さ。
ディスクガイドとしてはもちろんすごく面白かったのですが、ちょっと不満なのは、ちょっと内容が寄っている印象があること。もう少し、今のニューディスコ系のre-editを紹介してほしかったようにも思うし、後、メガミックス、マスターミックス系の話ももう少しほしかった。とりわけ、メガミックスに関して言えば、何でreturn of the original art-formについて取り上げてないんだろうってのがすごく謎。せっかく、k.u.d.o.さんにインタビューまでしてるのに。常盤さんのtransonicでのカットアップとかも取り上げても良かったかもしれない。
とはいえ、とてつもない労作だと思うし、読み終えて、ほしいレコードが実際にたくさん出てきたので、個人的には買って良かったと思う一冊です。

JUGEMテーマ:本の紹介
 
| 音楽を読む | 02:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:09 | - | - | pookmark |
コメント
この本、執筆者が無駄に豪華過ぎますね。
買ってみます。

それにしても、エントリ日を見ると一瞬まったくブランクを感じさせないblogの復活の仕方がやーらしいです(笑)
| びびんば | 2010/02/04 8:27 AM |
>びびんばさん

エントリ日は意識してのネタです。
元々edit conferenceというイベントが母体になってるので、執筆者もそれの参加者ってことで豪華になってるようですね。やや関西人脈かな。
| mats3003 | 2010/02/08 2:59 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/335
トラックバック