CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< EDIT CONFERENCE / THE EDIT 〜EDIT MUSIC DISC GUIDE〜 | main | DIPLES D / SUCKER DJ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
BOOGALOO / YOU GOTTA HAVE FREEDOM (INSTRUMENTAL)
最近は、本をブックオフで購入する機会が多いこともあって、通勤読書用にブックカバーを買ってみたら、意外とフィット感がよくお気に入りになりました。最初、文庫用だけ買ったんだけど、立て続けに新書用、単行本用まで購入。まあ、ブックカバーと言っても帆布製の安いやつなんで、7,800円くらいのものなので、コストパフォーマンスも良くて、本を読みたい気分が上がります。

RETROSPECTIVE 3003
 #2

前回がlonnie liston smithネタだったからというわけではないのですが、今回はpharoah sandersネタ。lonnieはpharoahとセッション経験があるらしいですね。
僕が好きなヒップホップと言われたとき、最初に頭になる曲はこの曲かもしれない。といっても、この曲の場合、ラップパートはそれほど好きなわけではなく、バックトラックが圧倒的にすき。なので、ここでは、instrumentalを紹介。
pharoahの曲でもファンの多い、you got to have freedomのバックトラックをより洗練された形でネタ使いしたスウェーデンのジャズヒップホップユニットのトラック。
このboogalooというユニット、アルバム1枚を残したのみで解散しているのだが、正直、詳細が全然わからない。リリース時期的には95〜96年頃らしいので、いわゆるアシッドジャズからクラブジャズの境目的な時期だったと思われるのだが、あまりにも情報なさ過ぎ。
僕がこの曲をしったのは、たまたま立ち寄った下北沢のjetset recordsで、入った瞬間に爆音でこのg.a.m.m.盤がかかっていたため。だいたい2003年ごろの話。瞬間的にうわっ、なんだこれと思い、かっきりとした輪郭を持つピアノリフと女性のコーラスにいっきにやられて、その場で、レコードを手にとって、試聴して30秒後にはレジでお会計していたという経緯。当時はg.a.m.m.というレーベルも知らず、これがなんらかのマッシュアップなのか、それともこういう曲なのか、オリジナルリリースなのか、リイシューなのか、全然わからなかった。
後々知ったのだが、96年のオリジナルリリース当時もアシッドジャズ界隈ではそこそこ話題になっていたらしいのだけど、たぶん、今、この曲を好きだと言ってる人の大半は、この2003年のg.a.m.m.からのリイシュー盤で知ったのだと思う。
それくらい、これは周りはみんな買っていたし、当時、新譜を扱ってる店ではどこでも売っていた。直後くらいには、ブートのリイシューなのか、それともデッドストックなのか、アルバムのプロモLPなんてのが売ってたこともあった。
何度聞いても、やっぱりこの曲のあたまのピアノにはやられてしまう。そして、ドラムと一緒に入るスキャットはすばらしすぎる。どうやら、サンプリングではなく弾き直しみたいで、元のpharoahのバージョンを聴いたときには、その熱さにびっくりしたくらい、ここでは圧倒的になめらかに涼やかに響く。
ちなみに、今はこの曲はレーベルコンピ で聴くことができる。


BOOGALOO / YOU GOTTA HAVE FREEDOM (INSTRUMENTAL)


| RETROSPECTIVE 3003 | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:22 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/336
トラックバック