CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 須永辰緒 / そのレコード、オレが買う! | main | 伊藤聡 / 生きる技術は名作に学べ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
GRANDMASTER FLASH PRESENTS SALSOUL JAM 2000 / RUNAWAY
日曜日が暖かくなるつもりで、外に出たら寒かったので、やけに体力を消耗しました。本当にこの季節は難しい。

RETROSPECTIVE 3003 #4

今回から、ちょっと違う路線。実は、この企画はいくつかテーマを設定しているのです。で、今日からは2つめのテーマ。

これは、ヒップホップのオリジネーターの一人、grandmaster flashがsalsoul音源のノンストップミックスをてがけたという企画モノミックスCDからの音源。といっても、grandmaster flashですので、単につなぐわけもなく、客のコール&レスポンスや煽りのMCや、スクラッチやら入って、元々サルソウルが持ってる享楽的なパワーを濃縮させまくった楽しい音になってます。
で、たまたまなのか、あえてなのかよくわからないけど、ミックスCDをプロモ用にアナログカットするという暴挙に出ており、これがまた、主にヒップホップDJの間で大ヒット。まあ、muroがミックステープに収録したなんてのも理由ではあったりするんだけど。で、周辺領域であるフリーソウル界隈でも売れまくりの、かかりまくりのしてたらしい。リリース時期は1997年らしいから、ちょうど国内でも電気のshangri-la経由で、サルソウル再評価、(ついでに言えば、nu yorican soulもあったか)の時期だったわけですな。
で、まあ、こういうバージョンのお約束で、人気曲はsalsoul orchestraのrunawayか、silvettiのspring rainなんですが、個人的にはrunawayの方がすき。最初のスクラッチからかっこいいじゃないですか。それでちょっとオールドスクールな雰囲気はありつつも、グルービィな煽りがいい感じで、ギターのカッティングに入る直前の"1, 2, 3, here we go!"ってカウントダウンもむちゃくちゃいい。で、もちろん曲そのものはお墨付き。これがかかって盛り上がらないフロアなんてのもないですわな。っつうことで、好きな曲です。

GRANDMASTER FLASH PRESENTS SALSOUL JAM 2000 / RUNAWAY
| RETROSPECTIVE 3003 | 02:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:40 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://brimful.jugem.jp/trackback/339
トラックバック