CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
V.A. (DJ SEGA) / ROCKSTARS VS. CLUBHEADZ
昨日、今日と暖かかったせいか、桜が開き始めたようですね。来週辺りはどこかで軽く花見って感じかな。
ところで会社の花見を4/4に予定しているのだが、大丈夫かしら。

前にeurogirls go to baltimore pt.1の紹介の最後にチラッと書いたら、NOW!さんとかが買って衝撃を受けてくれてたdj segaのミックスCDがいくつかの通販で購入できるようになってたので、改めて紹介。
ここ最近のb-moreの動向(なんつう大層なもんではないが)を知る上では、かなり分かりやすいmix cdがこのrockstars vs. clubheadzです。参加者もdj sega本人以外にもrod lee、dj tameilというeurogirlsに参加した人もいれば、kw griffにtoim dollaというb-moreのコンピなら必ず見かけるアーティストもいるので、トラックの質もかなり高いです。っつうか、この5アーティストでほとんどすべてというのもすごいけどな。
でもって、dj mixは前半がロック物のb-more化、後半がソウル、ヒップホップ物のb-more化というえらく潔い構成。前半ではrobot rockとかwe will rock youとかlily allenのsmileとかsmells like teenspiritとかbon joviとかとにかくテンション高くつっぱしります。後半も僕はあまり詳しくないのでわからないながら、聞いたことのあるトラックばっかり、b-moreになってて笑えます。woo hah!(元ネタはバスタだっけか)の前のrock with youは、バラバラに解体されすぎじゃねーか?
しかし、それ以上にあまりの執拗さに苦笑してしまったのは、約1分に1回繰り返されるセガのサウンドロゴ。本当にブレイクで盛り上がっても、待ったりしはじめても、常に入ってくる。どこまでやれば気がすむんだろうか(笑) っつうか、あまりのあほらしさに元気が出てきました。
ところで、このCDで始めて知ったi'm flirtって曲、r. kellyのトラックらしいのですが、いい曲ですね。ほしくなりました。

V.A. (DJ SEGA) / ROCKSTARS VS. CLUBHEADZ


JUGEMテーマ:音楽


| MIX CD | 00:31 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
V.A. (DJ MIXED BY MASANORI IKEDA) / NEW BALEARIC HOUSE
今年もきたよ! summer sonic!!
なんといっても、やっぱり大先生降臨!!
summersonicお得意のnew rave勢は今回も引き続きでcrystal castlesにsouth central、friendly fires、new young pony club、late of pierってすげーな、おい。
いやあ、今年も2日間参戦かなあ。

ノリ君の何年ぶりだよってくらい、久しぶりのミックスCDです。
僕がノリ君こと池田正典氏を好きということは、以前からブログでもちょくちょく書いてましたが、今年はさらに期待が持てそうな感じです。
今回は彼がこの1、2年くらいこだわっているバレアリックを思いっきり前にだしたサウンドになってて、もはやspin out時代とは完全に別物。ハッピーでラウンジーでドカドカ鳴ってたあの頃の音はどこにも無い。
と、ここまで書いて指先がとまった。この音を表現する言葉がみつからないのだ。確かにバレアリックという言葉は的確なのだが、この言葉の定義があまりにあいまいすぎて、読んだ人のイメージと音がちゃんと重なるかがわからない。
参加アーティストは正直、一人も知ってる人がいない。いや、1組だけ名前は知ってる、above & beyondだ。この名前が彼のCDに入ってくる違和感、これも彼のmix cdにおいては僕ははじめての経験だ。いままでは何らかシーンにおける有名なアーティストや、フロアキラーなトラックが収録されてることがあったのに、今回はそうしたことが全くない。
さらにすごいのは70分近いアルバムで、収録曲数がわずかに10曲。ディープハウスのミックスCDでもここまで収録曲数が少ないことはめずらしい。そして、曲数がここまで少ないと飽きてしまいそうなのだが、これが全くあきることなく楽しめるのはおもしろいところ。
きっとspirit catcherあたりの音が好きな人には、満足してもらえそうなミックスになってる。最近のkompakt周辺が好きな人にも楽しめそうだ。ある種、シューゲイザーな雰囲気がただよってるしね。日本のアーティストで言えばcalmとかchari chariあたりなのかなあ。
あと、これ聞くと、実は最近はそれほど興味の無かった古いトラックでのノリ君のセット、例えばspin out 6t'sのnew balearic house版みたいなのを作ってみてほしいなあとも思ったりして。
そうそう、ちなみに何だけど、世界で最初にjusticeのトラックをmix cdにオフィシャルに収録したのはノリ君のplayroomなんだとさ。まあ、そういう目利きのある人なんですな。

V.A. (DJ MIXED BY MASANORI IKEDA) / NEW BALEARIC HOUSE

JUGEMテーマ:音楽


| MIX CD | 02:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
DJ MAGAZINE / FEB 2008 VOL 4/NO 58
日曜にBLUE MAN GROUPを見てきました。もう、本当に楽しかったです。これはもう一回見たくなるわ。色々とネタの細かい作りこみがすばらしいので、これは2回、3回と見たくなりますねえ。まだ見てないって人は長期公演な様子なので、ぜひとも1回見とくのをオススメします。

海外のクラブ系音楽雑誌の何が面白いかといえば、とにかくおまけのmix cdがすごいというのは、割と皆さんの共通認識かと思いますが、今月はmix magが新進気鋭のdeadmau5で、DJ magazineはdavid guettaというなかなか甲乙つけがたい起用の仕方。
うちの相方さんがguettaの大ファンなので、我が家ではDJ magazineを購入。
guettaは日本だと、日本人が期待するフレンチハウス〜フレンチエレクトロ像とちょっと違う感じがあってか、いまいち人気が薄い感じですが、実は海外ではものすごく人気のあるトップDJだったりします。所謂メインストリームハウスの大物的な扱いですね。そもそも顔もけっこういけてるので、モデルなんかもしてたりして(まあ、そのせいでファッションDJとか言われたり、たたかれてたりもしますが)
そういうわけで今回の選曲も、自身のトラックを多めに使いつつ、tocadiscoやsteve angello & laidback luke、benny benassi(新曲!)も入れば、最後はjusticeのphantomのsoulwax remixという超ビッグフロア使用のミックスを披露してます。(トラックリストはこちら)まあ、イベントのライブミックスなのでこれだけライブ感もあるんでしょうけど。しかしまあ、ど頭から自身のlove is goneのアカペラをかけて、それをオーディエンスにも歌わせる辺り、どれだけナルシストなんだか(笑)
でもって、誌面そのものも面白くて、毎年best djなんてのをやってる雑誌だけあって、今回は50 greatest remixer of all timeなんて企画をやってます。
読む前は、絶対にnorman cook大先生が1位に決まっちょるなんて思ったのですが、大先生は8位。じゃあ、誰だよ上にいるのはと思ったら、3位はfrancois k、さらにはarmand van helden閣下が2位におりました。そりゃそうか、リミックス1本、700万円の男だもんなあ。でもって、1位はちょっと意外な人、carl craigでした。いや、確かにすばらしい人なんだが、オールタイムベストなリミキサーなのかしら。まあ、僕があまり彼のトラックをチェックしてないせいではあるのですが。
全体にジャンルが偏ることもなく、わりとバランスはよいチョイスではありました。ちなみにsoulwaxやerol alkan、switch、alan braxe、trentemollerなんかもbest 50入りしてましたよ。
ということで、リミキサーとかにご興味のある方は是非買ってみてもよいかと。

DJ MAGAZINE / FEB 2008 VOL 4/NO 58


JUGEMテーマ:音楽


| MIX CD | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |