CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ここに掲載しているレコード、CDは以下のどれかのショップで購入可能です。
もろもろ

あわせて読みたい

Powered By ソーシャルライブラリー

SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
V.A. (MIXED BY SPANK ROCK) / FABRICLIVE 33 & FABRICDEAD 33.3
カップヌードルのMYベンディングマシンって、ものすごく無駄過ぎて、逆に物欲をそそるなあ。しかも、大げさな割にはほとんど手動ってのも、たまらんでも、これのためにカップヌードルを買い込む気にはならんなあ。

昨年、実はかなり愛聴したミックスCDなんだけど、リリースが一昨年だったので、振り返るでは紹介しなかった1枚。
fabricのミックスCDシリーズは、けっこう話題作を提供することも多いので、集めてる人も多いかと思います。家に銀色の缶型のCDケースが転がってるクラブミュージックファンも多いのでは。
そのシリーズでspank rockが手がけたのがこれ。spank rockって何気にメンバーが多いんだけど、これをメインでやったのはdevlinことchristopher rockwellらしい。
これが実に良い感じにヒップホップからみた現在のエレクトロといった趣になっていて面白い。
kurtis blowのthe breakで始まり、cssのlet's make loveのspank rock remixにつなぎ、mr. oizoにつなげる出だしから気持ちよくカッコいい。ジャンルやビートを行ったりきたりしながら、エレクトロって何よって質問にspank rock風に回答していく絶妙なミックス。spank rockのリミックスを含めても、b-moreな音はほとんど入ってないのに、やっぱりb-moreのもつパーティ感は満載。
この1枚も最高なのに、実は本人たちは、このCDに満足しきってなかったらしいのが面白いところ。で、どうしたかといえば、devlin & dahkoの2人でさらに再構築してfabricdead 33.3を作ってしまったというわけ。ちなみに1000枚限定。
いわば、mix cdのre-mixバージョン。なんだそりゃ。基本的にはほぼ同じ曲を使いながら、さらにばらばらに分解して再構築。結果、全然違う内容に聞こえるのだから面白い。liveがmix cdとしての流れを前面に出しているのに対し、deadはむしろマスターミックス的なこれ全部で1つのトラックのようにも聞こえる。何回も聞きながら、うーん、すごいなあと思わずうなってしまう。
ちなみにdeadの方は、自分でレタープレス機で印刷してパッケージしてるらしいです。無駄にすげー。こういうのが大事だよなあ。
限定1000枚なので、HP上では売り切れてますがあるところにはありますので、ぜひとも探して購入してください。

V.A. (MIXED BY SPANK ROCK) / FABRICLIVE 33
V.A. (MIXED BY SPANK ROCK) / FABRICDEAD 33.3

JUGEMテーマ:音楽
| MIX CD | 00:48 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
[RE:JAZZ] / TWIGGY TWIGGY
東京はやたらと寒いです。底冷えのする天気ってこういうことなんだろうなと。

めずらしく7"の紹介。
ドイツのニュージャズレーベルinfracomが主催するアコースティックジャズユニット[re:jazz]。コンセプトはいわゆるエレクトロニックミュージックやクラブジャズの名曲をアコースティックスタイルでカバーするということで、今までに何作か出しているのですが、(詳しくはDMRの小川さんのブログの記事が詳しい)、今回は日本をテーマに主にkyoto jazz massiveやjazztronikあたりのクラブクラシックをカバーしたアルバムをリリース。
その先行シングルが、このtwiggy twiggy。
いわずとしれたpizzicato fiveの代表作。原曲のモッドブレイクビーツとでも言えばよいのか、特徴的なトラックは生演奏のストレートなジャズサウンドに変貌。ボーカルは小西氏とも交流のあるジャズボーカリストのakikoってことで、ファン的にはかなり豪華な組み合わせ。
メインのホーンリフの雰囲気はよいのだが、ちょっとギターソロが自分にはダサく聞こえるのが難点だけど、けっこう好き。
#Bはthe dymanicsによるレゲエミックス。なんか、MCと合いの手がはいって、ちょっと面白い雰囲気をつくっている。
まあ、しかし、この曲は生音でやる曲じゃないなとやっぱり思ってしまうってのが正直な感想(苦笑)

[RE:JAZZ] / TWIGGY TWIGGY

おまけに原曲のPVとテレビライブもはっときますかね。
やっぱりかっこいいですわ。

PIZZICATO FIVE / TWIGGY TWIGGY


PIZZICATO FIVE / TWIGGY TWIGGY (LIVE)
埋め込み無効になってたので、こっちはリンクで。映像は荒いが圧倒的にかっこいい。

JUGEMテーマ:音楽
 
| 7" | 01:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2008年を振り返る pt2 アルバム編
前回がアナログ編というか、12inch編だったので、今回はCD編というかアルバム編で行きます。まあ、こっちもそんなに全部が全部ガンガンに聞いたって感じではなかったりします。全般に聞き込みは今までよりも甘いです。とはいえ、この10枚は今年、まだ聞いてないなら絶対に聞いておいた方がよい10枚です。

MR. BEATS A.K.A. DJ CELORY / BEAUTIFUL TOMORROW
友人というひいき目を抜きにしても、今年、ほぼ唯一聞いた日本のヒップホップアルバム。全編が相当作りこまれてると思うのだが、特に前半戦がものすごく良い。個人的なベストは#4のhappy turn。halfbyあたりにリミックスさせてみたい。あと、#1のショッキング・ダイナマイトはスタアパあたりに。そういう脳内リミックス妄想が炸裂した1枚。

PACIFIC! / REVERIES
誰もが待ち望んでいたといってもよいアルバム。sunset blvdが特別によかったので、これ以上の曲はできないのかなあと思ってたら、アルバム単位で良い作品になっていた。全曲シングルカットといわれても納得な仕上がり。彼らはADにstephane manelという存在を得られたことで、唯一無二の存在になったと言ってもよいだろう。それだけ完璧な絵と音。 。

YANN TOMITA / FOREVER YANN MUSIC MEME 4: VARIATIONS
そこらのつまらんDJミックスの100倍DJミックス的な楽曲集。そして、CD、DVD、本によるトータルアートとしても完成度は高い。moon lightのアシッドさもsmoke gets in your eyesのメロウさもすべてが一直線上にある。そして、c-ya!がテープレコーダーで逆回転する瞬間がなんとも言えないカタルシス。

HERCULES AND LOVE AFFAIR / HERCULES AND LOVE AFFAIR
BLINDが良すぎたので、どうかなと思ってたがアルバムも及第点を超えて傑作の域。ディープすぎるNYの夜のダークディスコの化身。このバンド名はあまりにもはまりすぎている。CDのブックレットの最後に掲載されている白人黒人混成バンドが、本当のビジュアルだとしたら完璧なバンドだと思う。

MACHINES DON'T CARE / MACHINES DON'T CARE
sinden & the countだけで満足いかなかったherveとsindenが盟友を全部さそって作ったフィジットハウス版ウータンクラン。ちなみにメンバーのfake bloodはtoucheと判明。どの曲もそのままダンスフロアで機能する音楽になってるのが素晴らしい。頭のafro jackerとラストのsoundboy massiveが機能性では抜群。
 
OSBORNE / OSBORNE
これも期待していて、期待にちゃんと答えてくれたアルバム。音楽的にはたぶんディープハウスとかに近いような気がするんだけど、僕の聞いた時の印象はむしろ昔懐かしいテクノど真ん中なアルバムだった。まさにデトロイトサウンド。シングルカットのoutta sightやafrikaと同レベル以上のトラックばっかりなのがすばらしい。
 
KIDDA / GOING UP
under the sunのシングルもよかったけど、このアルバムも素晴らしい。一言でいえば超ポップ。閉塞感のあるエレクトロニックミュージックシーン全般に風穴なんていうと大げさだけど、ここまで明るくオプティミスティックな作品は今年は本当に少なかった。日本人はこれもっと聞いて評価するべし。
 
SIMIAN MOBILE DISCO / FABRIC LIVE 41
本当にSMBに対しては謝りたい。ごめん、あなたたちのことを誤解していた。こんなにちゃんとテクノやハウスの未来を見ている人だとは思ってなかったよ。っつうか、めちゃくちゃよいテックハウスミックス。聞けば聞くほどじわっと味わいが出てくるミックス。このミックスを買った自分をほめてやりたい。08年のベストミックスCD。
 
DJ SEGA / ROCKSTARS VS CLUBHEADZ
今年一番衝撃的だったミックス。人を馬鹿にしているにも程がある(褒め言葉)b-moreとは何かといわれた時に、僕がだまって差し出すCDはこれ。正直よい曲がむちゃくちゃいっぱい入ってるので困る。これのせいで思わずR. kellyを買うはめになった。あとラスト前のrock with youのカタルシスは異常なので、これだけでも聞くべき。

GLASVEGAS / GLASVEGAS
超ポップなのに超シューゲイザーなバンド。なんつうか、大音量で聞いてるとメロメロになってくる。今年、唯一5回以上聞いたロックアルバムといってもよい。なんか、こいつら、radioheadみたいになるんじゃないかな。っつうか、そんな感じの成長を遂げてほしいバンド。geraldineはアンセムになりそうな名曲っぷり。


ということで、今年のCD10枚でした。

JUGEMテーマ:音楽
| クラブミュージック漫筆 | 00:47 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
2008年を振り返る pt.1 12inch編
遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

生活面が公私共にバタバタとしてしまい、このブログもほったらかしにしてしまっておりましたが、そろそろちょこっとづつ再開しようかと思っております。

さてさて2008年は自分にとって音楽的にどんな年であったかといえば、この10年間で最も音楽を聴かず、レコード屋にもライブにも足を運ばず、興味を持てるような新しいアーティストやイベント、ジャンルにもあまり出会えなかった1年でした。
CDやレコードはそれなりに(いや、この10年ではトップ3くらい)買ってたのですが、それが全然自分の中で消化できてなかったように思います。本当にただ買っただけという感じ。
おそらく僕の守備範疇での2008年にクラブ関係で話題になった事象といえば、アーティストと言われれば、Perfumeと中田ヤスタカ、ジャンルではTOKYO ELECTROと言われつつあるYATTや80kidz周辺のシーン、そして、イベントではDENPA!だったのだと思います。そのどれもが自分にはまったくピンとこなくて、それなのにたくさんの人が熱狂している状況、うーん、やっぱり僕の音楽的な感性はにぶりつつあるのかなあと思わざるを得ない1年でした。そして、それはCDJやPCを使ったDJスタイルが本流化しつつある昨今とも重ね合わせて、僕をさらなる暗い気持ちにさせるのでした。とはいえ、PCのDJスタイルそのものは、とりわけセラート使いに関してはその利便性も含めるとそれほど嫌いではないのですが。
そもそも、Yellowが閉店し、Ciscoが倒産って、2年前の自分が想像できたかと言えばまったく出来ないわけで、この2つはクラブミュージックの聞かれ方、聞き方が大きく変わった象徴でもあるように思えます。

まあ、そんな暗い気持ちになりながら、08年に聞いてた音楽をまずは12インチで15枚あげてみます。07年はブートと正規盤と分けてましたが、今回はいっしょくたです。
(追記:1枚差し替えて、順番を入れ替えました)

SHAPESHIFTERS / TREADSTONE / CHIME
昨年の前半一番気持ちよかった音楽。ただ、これもうちょっとdefectedとしてはプッシュしてもよかったんじゃないかと思う。なんか、彼らは微妙に不遇な気がする。ちなみにCHIMEのビデオクリップがすごく気が利いててよい。ドレスアップされたアシッドハウス。

TONKA / DROP BOX EP
昨年はなぜかこっそりtonkaが復活していた年でもある。しかもエレクトロテクノ化して。ビキビキなジャーマンエレクトロではなくもっとテッキーな方向に行ったのは意外だったが、でも1曲以前をほうふつとさせるのがあったので、あまり変わってないんだと思う。

LAIDBACK LUKE & TOM STEPHAN FT. ROMANTHONY / SHOW
laidback luke(実は意外と若い)の再ブレイクは驚きだったが、こんなのを作るってのにも驚き。super chumboとのユニットにボーカルはromanthonyってなんだこりゃ。ツイステッドテクノのbart b-moreもリミックスしてて、まさに今のダンストラック。

BUY NOW / BODY CRASH
昨年、ブレイクが嬉しかったアーティストはstreetlife dj's。そんな彼らのリミックスセンスが炸裂しまくったのがこのbuy nowのリミックス仕事。ダンス化した2many dj'sのようなセンスがすごく好き。

KRAAK & SMAAK FEATURING BEN WESTBEECH / SQUEEZE ME (TREVOR LOVEYS REMIX)
オリジナルのファンク感をブレイクビーツハウスとして極上に仕立て直し。trevorのリミックスはいつもダンス心が素晴らしい。ただ、そのダンス心が良い方向に働くときとそうでもないときの差が激しい。

WILEY / SUMMERTIME
結局、ベースラインハウスって何なのかよくわからんままなのですが、その代表アーティストらしいwileyのこの曲はそんなの関係なく、派手派手でかっこよくて水っぽくて最高でした。crookersにbart b moreにdavid e sugarなんていうリミキサーチョイスも素晴らしい。

BLANK + JONES FEAT. BERNARD SUMNER / MIRACLE CURE
これ、聞いたときにあまりの最高っぷりに、絶対に大ヒットになるだろうと思ってたのに全然話題にならなかったのが本当に悔しかった1枚。ほとんど聞いた感触はnew orderの新曲なのに。個人的にはあのギターが入ればnew orderになるという発見をした1枚。

MALIBU SNEAKERS / GET DOWN AGAIN
ギルバートオサリバンのブートハウスミックスなんて、普通、手を出さないと思うが、これは楽曲とリミックスセンスの勝利。文句なしにこの幸福感は今年のベスト。static revengerの変名な気がしてならないけど、違うのかも(追記:違ったmeckの変名だった)。

THE JUAN MACLEAN / HAPPY HOUSE
だれも期待してなかった90年代ディスコハウスモードがまたナイストラックになってる。JUANも突然方向性チェンジというか、DFAというレーベル全体がディスコモードに入るつつある気がする。このあたりのトラックの感覚が08年のモードだったと思う。

KIDDA / UNDER THE SUN (REMIXES)
herveは昨年大活躍だったんだが、絶対にベストはこれ。kiddaの過小評価は泣けるが、このリミックスはピアノハウスが好きな人は、全員買っておかなければいけない。大先生のtalkin' bout my baby(midfield general disco reshuffle)を超えている。

MATIAS AGUAYO / MINIMAL
これは昨年最大の出物。このレーベルからこういう音がでるって事実が素晴らしい。kozeもこういう音が作れるんだってのが驚きだけど、考えてみればinternational ponyにしてfischmobの人なんだから、ポップなのは出来て当たり前。

POPULAR COMPUTER / LOST & FOUND
pacific! remix目当てで買ったもののはまったのはsweetlight remixの方。エレクトロニックなノイズ音がロマンチックに鳴り響く空間型明け方ハウストラック。ちなみに大沢remixもそんなに悪くないのが悔しい。

AEROPLANE / PACIFIC AIR RACE
バレアリックサウンドに今、一番近い音を発しているのは北欧エレクトロシーンだと思うのだが、その筆頭はこのaeroplaneだろう。このpacific air raceがすごく良かったのだが、その後、ちょっとこじんまりとしてる感じがするのが惜しいところ。

DJ MUJAVA / TOWNSHIP FUNK
一言で言えば、癖になる音。南アフリカのアーティストらしいのだが、ずっと聞いてるとシンセのメロディラインに酔ってくる。warpもライセンスしたってあたりが期待感を感じさせるじゃないか。ashley beedleのリミックスもリエディット風で好きな仕上がり。

RICARDO VILLALOBOS / ENFANTS (CHANTS / TAMBOURS)
とはいえ、やっぱりこれも年間ベストにやっぱり入れておきたいと思ってしまった。ミニマルテクノというよりも、ミニマルミュージック。昨年、最も話題を集めた1枚だろう。あまりにもピュアで美しく、それゆえに恐ろしいトラック。villalobosの作品をこの先買うとはあまり思わないんだけど、これは一生手放さないと思う。

次回はアルバムをピックアップ予定。

JUGEMテーマ:音楽


| クラブミュージック漫筆 | 00:01 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
TOFUBEATS / HIGH SCHOOL OF REMIX
明日は早起きなので、早めにちゃっちゃと記事を上げます。っつうか、みんな大沢の話食いつきすぎ(笑) いちおう、言っとくけど、僕は本当に本当に本当に嫌いじゃないからね。

前回が向こうのブートリミックス集だったので、今回は日本人のブートリミックス集をおひとつ。
現役高校生トラックメイカーのtofubeatsは、最近けっこういろんなところで話題になってて、僕が前に紹介した柳田久美子のアナログでリミックスが収録されてたり、さらにはあのwireにも3rdステージで参加、ちらほら、いろんなところで名前をみかけるようになってて、名前を見たことのある人は意外といるのかもしれません。
で、彼が高校生活のしめくくりってことで出したリミックス集がこれ。
サ上とロ吉とかアフロディーテファンクラブといった、日本のオルタナティブヒップホップの公式リミックスも入りつつ、アーティスト名のないトラックとしては、bonde do roleとかcalvin harrisとかecdとかもやってます。あと、シークレットトラックとして、彼の出世作であるcherryboy functionとperfumeのマッシュアップも収録。
全般につくりがこぎれいでハイエンドな印象をうけました。直感的にですが、非常にデジタルな感じを受けました。って、最近のリミックスでアナログ環境で作られてるものなんてねーよ、そもそも、テクノならアナログで作れるわけねーだろ、なんて、馬鹿にされそうですが、そういう意味じゃなくて、音の印象やマテリアルの整列具合とでも言えばいいのか、そういう全体の印象がフリーハンドじゃないような感触があるのです。これは洋邦ジャンル問わず、最近の若手のDJやプロデューサーに共通する印象だったりするのですが。音のジャンルは全然違うけど、surkinあたりを聴いた時の質感と近い。
あと、リミックスの方向性が非常に日本人的だなあとも思いました。
おそらく、日本人と向こうの人がある音楽のリミックスを聴いたときに、何が違うと一番違うと感じるかというポイントって違うんですよね。日本人の場合は上ものなんだけど、向こうの人ってきっとリズムトラックなんですよね。そういう意味でこのリミックス集はすごく日本人のリミキサーセンス的。それは全然悪い事じゃなくて、すごく今の音楽にとっては強みだと思う。
高校生らしいので、おそらく表立ってはクラブにあまりいけないんだろうけど、きっと、クラブに行って現場を毎晩のように見るようになると、ものすごく伸びるだろうなと思いました。がんばってほしいです。

TOFUBEATS / HIGH SCHOOL OF REMIX


JUGEMテーマ:音楽


| CD | 01:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 3/40PAGES | >>